03/18 2021

商品紹介 たたきシリーズ⑥

Pocket

キハダハランボタタキ

【ハランボ】とは、魚の腹の身のことを言い、本鮪でいえば大トロの部分の希少部位ことです。特徴は、魚の身の中で一番あぶらが乗って、美味しい部位になります。ただ本鮪の場合は筋が柔らかい為あまり気にならないですが、キハダ鮪やメバチ鮪は筋が強いので口に残ります。ただ表面を炙ったり、刺身の切り方を工夫する事で美味しく食べる事が出来ます。刺身の部位の中で、よく言われるのは血合に近い部分や筋のある部分はマグロの味が強く美味しいと言われています。

当社では、大きいハランボを300gぐらいの使い易い大きさにカットして小骨を抜いて発送させてもらってます。

個人的には、かつおのたたきを紹介して時と同様で少しあたため直して、にんにくなどたっぷりと薬味をかけて、たたきのタレか塩で食べるのが一番おいしいです。

(かつおのたたき紹介ブログ)↓

商品紹介①|海昇ブログ|海昇|高知県 (kaisho-web.com)

こちらは販売サイトでも販売中です。

高知県産カツオのタタキとこだわりのタレ 炙処 (aburidokoro.com)